浄土真宗本願寺派西光寺(千葉県)

千葉県市原市にあるお西のお寺です。

〒290-0024 千葉県市原市根田723-1
TEL.0436-22-7412 FAX.0436-24-1652
MAIL.saikohji@hb.tp1.jp

ブログ

仏教入門法座 歎異抄編

昨日は、仏教入門法座「歎異抄を読もう」でした。

今回は第3条です。大切な悪人正機を考えました。

善人とは?悪人とは?

グループワークを通して、様々な意見が出ました。

<若住職>

ケアカフェいちはら開催

23日、ケアカフェいちはらが開催されました。テーマは「望」。

おかげさまで、いろんなアイデアが生まれました。ひとつ実現させたいことがあるので、それがかなうかもしれません。

これが、多職種連携の良さです。

次回は、5月18日です。テーマは「受」。

近くなったらご案内いたします。

<若住職>

救命講習

築地本願寺にて、救命講習が開かれました。夏の臨海学校でたくさんの子供を預かる身ですので、千葉の若手で受講に。

なかなかAEDなどは、習ってもすぐ忘れてしまうのですが、やはり意識して挑むとしっかり覚えるものです。

<若住職>

御宿 浄願寺さん

千葉の南ブロックのお寺さん達で遅めの新年会と会議です。会場に近い御宿の淨願寺さんにお参り。

初めて訪れた寺院ですが、非常に使い勝手のいい間取りでした。本堂は建て替えられていますが、古くから残る彫り物が見事です。

<若住職>

ピザ窯作り3

出来上がった耐火コンクリート部分をはめ込みます。

これで完成です。

斜めからはこんな感じです。

60㎝四方の鉄板も入る大容量です。これで、一度にピザ焼き、オーブン料理ができるようになりました。

来週試運転です。

<若住職>

ピザ窯作り2

 

レンガで足りない部分は作るしかありません。型枠にアサヒキャスターを練りこみます。

写真はピザ窯2台分です。

煙突部分はこのようになっています。左官が下手ですが、、、

型枠はこんな感じです。そこを段にしています。煙がでやすいようにです。

正面

底はこんな感じです。

<若住職>  

ピザ窯作り1

代務住職を務めている鴨川の福田寺にピザ窯を作りに行きました。

西光寺と同じ改良タイプです。

単層式にしています。ピザを焼く場合、二層式だと焼き床が熱すぎて焦げやすくなるからです。

以前より奥行きを広くしています。

写真の様に、一番下の段を開けることで、60㎝四方の鉄板が入れても、奥で火が焼けるようにしています。

これによって、ピザを焼いてもよし、鉄板を使ってなにか焼いてもよしと、レンガを組み替えなくてもできるようになりました。

上からの図です。大判レンガ3枚を天板にしています。

 

横から・・・

後ろから・・・・

使ったレンガの量は、

耐火煉瓦・・・100個

半マス・・・10個

大判レンガ・・・3枚

後は、旭キャスター入り口部分と煙突部分を作ります。

また次回。。

<若住職>

ピザ釜改良案

旭キャスターで練った天板が割れてきましたので、この際にピザ釜大幅改良です。

一段式のほうがピザは焼きやすく、かつナン焼き等で使う大きな鉄板も入るように試行錯誤しました。

天板は、耐熱煉瓦の大判レンガを使用しています。

今回のは、美しい形となりました。煙突の接続部分などは、旭キャスターで作る予定です。

<若住職>

役員会

定例法座後は役員会がありました。

今年度の行事報告と、来年度の行事予定についての話し合い。

門徒さんならではの意見が出てきたので、それを生かすようにしたいと思います。

<若住職>

定例法座

12日は定例法座でした。法話の担当は住職。

今月の法話カレンダーのテーマに話しました。

<若住職>