西郷どんと真木和泉守

幕末、各藩は集うときがあった。そこで、盟主格の西郷が

「おたがいに大君にたてまつるためには、諸藩のあいだの小憤などは慎もうではないか」

というと、久留米藩で後に長州に近づく真木和泉守が、何を思うたのか西郷のもとへ歩き出し、ポカンと殴った。

「何をするか!」

と西郷が言うと、

「いや、そなたが小墳にこだわらぬというのを試したのじゃ。大事を前にしてこれぐらいの私事を気にされては困る」

「これは一本とられました」

というやりとりがあったそうな。

口では何とでもいえる。実行することは困難である。そして、自分は見えないのである。そこを指摘した和泉守とそれを受け入れた西郷どんの器量の大きさが知れるエピソードである。

saikohji
  • saikohji

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。