気づき 太田道灌

15世紀の武将太田道灌は江戸城築城でも有名である。

その太田道灌が鷹狩りの帰りに雨が降ってきたので、近くの村で蓑を求めた。

すると、その家の娘が山吹の枝を差し出したのである。

道灌は、

「わしは蓑を借りたいのだ!」

と怒って城に帰った。

後日、このことが気になり古老にたずねると、

「殿、それは平安時代の古歌に“七重八重花は咲けども山吹の実の一つだに無きぞ悲しき”という歌があり『蓑』と『実の』を懸けています。
貧しく蓑一つも無いことを山吹に例えたのでございましょう」

これを聞いた道灌は自らを恥じ、歌を勉強するようになったという。

どの立場になっても、気付くという事は大切である。

saikohji
  • saikohji

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。